日本医療保育学会|医療に携わる保育士の技術の向上と地位に確立を目指しています。

日本医療保育学会
HOME 理事長あいさつ 医療保育の理念 入会案内 お問い合わせ

日本医療保育学会のご案内
日本医療保育学会のご案内

理事長あいさつ

医療保育の理念

組織と役員

会則

入会案内

機関誌投稿規程

トピックス

学会に関するよくある質問

お問い合わせ

各種委員会

資格認定委員会

研修委員会

機関誌編集委員会

調査研究委員会

広報委員会

ホームページ委員会

倫理委員会

地方ブロック組織

北海道・東北ブロック

関東ブロック

中部ブロック

近畿ブロック

四国・中国ブロック

九州・沖縄ブロック

医療保育専門士

医療保育専門士の育成

資格認定実施要綱

医療保育専門士の倫理要綱

資格更新制度

「資格認定証等再交付願い」
申請用紙

医療保育専門士名簿

アーカイブ・リンク先

機関誌「医療と保育」

ニュースレター

これまでの総会

関連リンク先

プライバシーポリシー

サイトマップ

日本医療保育学会事務局

〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
自治医科大学とちぎこども医療センター内
日本医療保育学会事務局
中村崇江 宛て

メールアドレス
jimukyoku#iryouhoiku.jp
#を@に変更してください
 

 

機関誌投稿規程

1.投稿の資格
投稿者は、著者および共著者すべて、本学会員であること。但し、編集委員から依頼された原稿はこの限りではない。

2.論文の種類
1)論文の種類は、総説、研究報告、実践報告、資料、その他のいずれかであり、原稿にそのいずれかを明記する。
*総説:医療保育に関する特定のテーマについて、総合的に現状や展望を記したもの。
*研究報告:新しい知見や理解など研究結果の意義があるもの。
*実践報告:ケースレポートなどをまとめたもの。
*資料:医療保育に関連する有用な調査データや文献などにより、会員の参考になるもの。
*その他:上記以外において編集委員会が適当と認めたもの。
2)投稿原稿は、医療保育に関する論文で、他の出版物(国の内外を問わず)に発表あるは投稿されていないものに限る。

3.人および動物が対象である研究は、倫理的に配慮され、その旨が本文中に明記されていること。

4.投稿手続き
1)原稿には表紙を付し、表題、著者および共著者の氏名と所属、会員番号、希望する原稿の種類、連絡先を記入する。
2)投稿原稿は3部(うち2部は複写したもの)を送付する。
3)原稿は封筒の表に「医療と保育原稿」と朱筆し、学会事務局に郵送する。

[学会事務局宛先および連絡先]
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
自治医科大学とちぎこども医療センター内 日本医療保育学会事務局
中村崇江宛
jimukyoku#iryouhoiku.jp  #を@にしてください。

5.原稿の受付および採否
1)原稿は随時受け付ける。
2)原稿の到着日を受付日とする。
3)投稿原稿の採否は、査読を経て編集委員会が決定する。
4)採否は本人に通知し、原稿は返却しない。
5)編集委員会は、投稿原稿について修正を求めることがある。その場合には、定められた期日までに再提出すること。
6)編集委員会は、論文の種類の変更をもとめることができる。

6.原稿執筆要領
1)投稿原稿は、原稿の種類を問わず、図表を含めて1編につき、A4判横書き、ワードプロセッサー40字×30行、10枚以内(400字原稿30枚)とする。最終原稿ではフロッピー入稿(テキストファイル形式)で行う。
2)図、表および写真は、1点1枚の用紙に記し、番号と表題を記入し、本文と別に巻末にまとめ本文右欄外に挿入希望位置を指定する。
3)表題と著者名、所属(共同研究者も含む)は、英文も表記する。
4)論文の内容を表すキーワードを、3~5語(和文・英文)付ける。
5)文献は、引用文献のみ最後にまとめて記載する。文献の記載方法は次のようにする。

(1)雑誌文献
本文の引用文献順に従い番号をつける。
著者は3名までは全員記載し、3名以上では他とする。
著者:表題,雑誌名,巻(号),頁―頁,発行年.
1)井上恵美子,松崎泰子,村寿香織他:当院における保育士の活動,小児看護,25(3),396-4(2002.

(2)書籍
単行書 著者:本の表題,発行所,発行年.
本田和子:異文化としての子ども,筑摩書房,1992.

6)学会、研究会等で発表したものは末尾にその旨を明記する。

7.著作権
著作権は本学会に帰属する。掲載後は本学会の承諾なしに他誌に掲載することを禁ずる。

8.著者校正
著者校正を1回行う。但し、校正の際の加筆は原則として認めない。

9.著者が負担すべき費用
1)規定枚数を超過した分については、所用経費を著者負担とする。
2)図表・写真等、印刷上特別な費用を必要とした場合には著者負担とする。
3)別刷りはすべて著者の実費負担とする。

10.附則
この規定は、2017年10月から施行する。
[申し合わせ事項]
1.原稿を受け取った際には、受領書(はがき)を発行する
2.編集委員会は、当面常任理事会で構成し、編集委員長を棚瀬佳見とする。
3.機関誌「医療と保育」の欧文名→Journal of Care and Education in Pediatrics
PAGE TOP